風の力を利用して発電する風力発電。
太陽光発電と同じく再生可能エネルギーとして大きく期待されています。
そんな風力発電にはメリットもあればデメリットも有ります。

まず風力発電のメリットは資源の枯渇の心配がないということです。
風力発電は風という自然の力を利用しますので、化石燃料のように資源の枯渇を心配する必要がありません。
永久的に発電できると言っても過言ではないでしょう。
また化石燃料等を使用しないわけですから有害物質を排出することが無いというのも風力発電のメリットです。
自然現象から生まれる風を利用する正にクリーンなエネルギー変換装置です。
太陽光発電は晴れている日中にしか発電できませんが風力発電なら夜間でも風邪さえ吹いていれば電気を生み出すことが出来ます。

逆にデメリットは発電量が不安定なことです。
風という自然現象によって生み出されるエネルギーを利用するため、発電量をコントロールさせるということが難しいです。
また単に風が吹いていれば良いというわけではなく、台風のような暴風時には発電機能を停止させなければいけません。
風力発電は多数の設備を周辺地域に設営する必要があるため、景観を損ねる恐れがあります。
その上、騒音が気になりますし風が一定の強さで吹く地域でないとダメといった条件もあり設置場所がかなり限られてきます。興味がある人はコチラへ

火力発電は日本で最も発電量の多い発電方法です。
より発電効率の高い方法や環境性能の向上に向けた取り組みがされています。
今後も日本の電力供給を担う発電方法と言っても過言ではありません。
そんな火力発電のメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

火力発電のメリットは発電効率が非常に良い点です。
本来のエネルギーを別のエネルギーへ変換するにはどうしてもロスが生じます。
火力発電は他の発電方法に比べこのロスが少なく効率よく発電させることが可能です。
電力の重要は季節によって変わり一定ではありません。
火力発電は需要に応じた出力調整が容易で無駄な発電を抑えることも出来ます。
究極的な話、火力発電は水と燃料がアレば電力を生み出せます。
天候に左右されませんので長期的に渡り安定して電力を生み出せます。

では逆に火力発電にはどのようなデメリットが有るでしょうか?
まず1つに大量の燃料を必要とすることです。
火力発電ではひむ有無ために燃料が必要となります。
天然ガス・石炭・石油が燃料となり燃やし続けるために常に燃料を供給し続ける必要があります。
しかもそれぞれの燃料は高単価、二酸化炭素の排出量が多いというデメリットが有ります。
そして2つ目、これは既に燃料で触れていますが二酸化炭素の排出量が非常に多いことです。
これは最大の問題点とも言えることで、二酸化炭素は地球温暖化の主な原因です。詳しくはコチラ

水力発電にはどんなメリットデメリットがあるのでしょうか?

水力発電は水の流れる勢いで水車を回し発電します。
化石燃料を燃やす必要が無いので二酸化炭素など温室効果ガスを排出することがないクリーンな発電方法であることが1つ。
水力発電は発電に必要な管理や維持にかかるコストが極めて低いです。
何せ水はただですから原子力発電や火力発電のように燃料供給の為のコストを格段に抑えられます。
またエネルギー変換効率が高いのも水力発電の大きなメリットです。
最小限のロスでエネルギーを返還させることが出来非常に効率の良い発電方法と言えます。
更に太陽光や風力発電に比べ安定的に電力を発電させることが出来るのも大きいです。
水はよほどのことがない限り途絶えることはありませんから、発電を安定的に行なえます。

逆にデメリットとしては建設費用が非常に高額であることです。
水鹿発電で発電するためにはダム式の発電となります。
ダムというのは簡単に造ることが出来るわけではなく莫大な建設費用がかかります。
発電事態のコストは安く済みますが初期費用はかなり高額になるのが大きなネックと言えるでしょう。
またダムを建設するということは周辺の山や木々、更には動物のすみかを破壊しなければいけませんので生態系に大きな影響を及ぼすことになります。分譲太陽光発電で投資するには?